フリーランスは働き甲斐があるのか

main-img

最近はフリーランスという働き方を選ぶ人も多くなっています。



その理由の一つに働き甲斐があるということがあります。

フリーランスはある意味では独立して働くということになりますから、働き甲斐というよりはち、働くことに責任感を持って仕事が出来る状態になります。これがモチベーションアップにつながることは考えられます。実際フリーランスで活躍を手している人の多くが輝いているといえるでしょう。
自分に責任をもって働くということは、自分が魅力的にならなければならないことを意味しています。


そうしなければ、仕事の依頼はこないからです。

誰もやる気がないモチベーションの低い人に仕事を依頼する人はいません。

ビジネスの仕事となれば、誰もが信用できる人、モチベーションの高い人に仕事を依頼するようになります。
フリーランスという働き方は自分で自分を奮い立たせる必要がありますから、ある意味では大変ではありますが、それは今の成果主義では誰もがしていることです。

ただ、自分で自分の仕事の成果に責任を持つのがフリーランスという働き方ですから、モチベーションという点ではかなり高いレベルで働くことになるということにはなります。



これが輝いて見えるということになるのでしょう。
人は雇用されていると安心して働くことが出来るという面はありますが、この状態が続くとそれが当たり前にとなって権利だけを主張するようになります。


ですが、それでは成果は出ないということです。このことはフリーになっていみるとよくわかります。



よく解る情報

subpage01

フリーランスは個人事業主ですので、自分で確定申告をしなくてはなりません。事業としてかかった費用は経費として計上することができるため、経費を多く積めば、それだけ税金がかからなくなります。...

more

みんなの常識

subpage02

フリーランスの収入に関しては確定申告が必要になります。確定申告とは、フリーランスに限らず法人が納税額を確定する手続きのことを指し、例えば、会社員が給与の他に収入源がある場合にも行うことになります。...

more

最新考察

subpage03

フリーランスになった場合でも仕事は有ります。旧来では人を介して仕事を紹介して貰ったり、自分で営業して仕事を貰ったりしていました。...

more

事業の特徴

subpage04

フリーランスとはすべてを自分で行わなければいけない個人事業主です。フリーランスは近年新たな働き方として注目を集めつつあります。...

more