フリーランスの税務申告について

subpage01

フリーランスの収入に関しては確定申告が必要になります。

確定申告とは、フリーランスに限らず法人が納税額を確定する手続きのことを指し、例えば、会社員が給与の他に収入源がある場合にも行うことになります。
申告は前年の1月1日から12月31日までの1年間で得た所得を税務署に申告し、税金を払い過ぎている場合には還付を受けることもできます。



因みに所得は、収入から経費を差し引き算定を行います。



フリーランスの場合には、確定申告をすることで支払っていた税金が戻ってくるケースが多くありますが、方法としては、白色申告と青色申告の2つがあります。


ここで大切なことは2つの違いを理解しておくことがあり、特に、初めて行う場合には注意が必要になります。



まず、ポイントとして押さえておきたい内容としては、白色申告では経費は大まかな計算でも構わず、手間や経費の知識は少なくて済み、反面、特別控除が設けられていないことがあります。
一方青色申告は、取引明細の記載が必要になるなど経理に関する知識が必要になり、反面、特別控除を受けることが可能となります。

2つの方法では、特別控除有無の他に、決算書の種類、記帳方法、専従者給与、赤字の繰越と減価償却資産の特例等の内容に違いがあり、青色申告は難易度が高いものの高い節税効果を得ることができます。
注意が必要な点としては申請時期があり、青色申告を行う場合には開業から2ヵ月以内か、その年の3月15日までに税務署に申請をしておく必要があります。
そのために、選択においては時間的に余裕を持って準備を進めておくことが大切になります。