フリーランスができる税金対策

subpage01

フリーランスは個人事業主ですので、自分で確定申告をしなくてはなりません。

事業としてかかった費用は経費として計上することができるため、経費を多く積めば、それだけ税金がかからなくなります。
フリーランスの経費で大きいものが「地代家賃」です。



オフィスを借りている人はもちろん100%経費にすることができますが、自宅の一部を仕事場にしている人も、その仕事場のスペース分の家賃を経費に計上することができます。

光熱費も割合を決めて計上することができます。家賃や光熱費の割合は税務署の判断によってことなりますが、多くても70%程度までです。


あまりにたくさん計上すると指摘されることもありますので、注意が必要です。
フリーランスはサラリーマンと違って65万円の給与所得控除がありません。基礎控除38万円は必ず付きますが、節税をしないと高い税金を納めなくてはならなくなります。
また、国民年金や健康保険の他、生命保険や地震保険も控除の対象となっています。



誰かを養っている人は扶養控除がつきます。



扶養控除は年齢や同居かどうかによっても金額が変わってきますが、特定扶養親族であれば63万円の控除がつきます。
特定扶養親族とは、19歳から23歳未満の家族です。
この年齢では大学に通うために仕送りをしていることもありますので、その出費を考えた控除となっています。また、16歳未満の家族に関しては控除がありません。


フリーランスは自分で経費の計算が必要ですので、確定申告前にまとめて計算するのではなく、常日頃から管理をしておくと良いでしょう。